はじめてのエンディングノート 私のくらし終活帳

自分の財産の確認や病気治療の希望、葬儀、お墓など終活全般について、自分の思いを書きとめるノートです。


エンディングノートを「書いたことがない」「買ったけど、なかなか書けない」という人向けに、手軽に書けるように内容と、ゆったりしたデザインに仕上げました。


【監修】福田淳一(元北海道新聞編集委員)


【発売日】2021年6月1日(火)


【価格】550円(税込)、送料別

※ゆうメールでお届けします。送料180円(全国一律)
※当ストアのほか、道新販売所、道新文化センター、道新プレイガイド、道内のコーチャンフォー各店で取り扱っています。

【サイズ】A4版、68ページ


【お支払い方法】

クレジットカード払いのみでのお取り扱いとなります。

使い方やページ紹介の動画はこちら


【お問い合わせ先】

北海道新聞社総合ビジネス本部
電話 011-210-6146(平日午前10時~午後5時)

フェイスブックページ「私のくらし日記帳」

商品コード 販売価格 在庫
note01 550 円

※価格は税込。

数量:

この商品は一度の購入で3点までとさせていただきます。


お客様の都合による返品・交換はお受けできません。

【本書の内容】

■巻頭特集「20の大切なこと」


これだけは書いておきたい20項目を巻頭に特集しました。書き足りないことは、第1章~第7章に記入する構成です。


■第1章~第7章

プロフィール/財産・相続/医療・介護/葬儀/お墓/思い出 など


■終活はじめてガイド

遺産相続/遺言書/遺贈/葬儀/お墓について、終活のイロハを解説


■お役立ち情報

道内で急速に増えている公営の合葬墓を一覧にしました。

【いまこそ学ぶ終活講座~これから笑顔で過ごすために~】

終活帳の出版を記念し、道新文化センターで終活講座を開催します。
各分野で活躍する10人の講師が1回ずつ講演します。この機会に終活を学びませんか。

・テーマと日時

①新しい終活の提言(7月2日)

②自分たちで考える葬儀(7月9日)

③いまどきのお葬式(8月20日)

④お墓入門(8月27日)

⑤相続のイロハと最近の動向(9月3日)

⑥生きがいと健康(9月10日)

⑦高齢期の住まいの改善ポイント(9月17日)

⑧高齢期の住み替えを考える際の留意点(10月1日)

⑨家で大往生(10月8日)

⑩人生の最終段階で迎える在宅介護の景色(10月22日)


・会場
道新DO-BOX(札幌市中央区大通西3丁目 北海道新聞社1階)

・受講料 
全10回で27,500円、各回単発3,300円

申込み・詳細は道新文化センター


※受講者には「私のくらし終活帳」を1冊プレゼントします。

この商品に対するお客様の声

この商品の感想をお寄せください。