ノンフィクション

34件の商品があります。
北の企業家 撃て! そして狙え! 巨艦DIYの船出
  • NEW
  • 立ち読み

北の企業家 撃て! そして狙え! 巨艦DIYの船出

定価 1,620
木村 勇市 著
まず動き始める。狙いを定めるのはそのあとでいい。
札幌の個人経営の金物店を建築資材・機器卸のキムラとして成長させ、大型ホームセンター「ジョイフルエーケー」4店を展開するまでに育てた同社会長・木村勇市の経営哲学。
こころ揺らす 自らのアイヌと出会い、生きていく

こころ揺らす 自らのアイヌと出会い、生きていく

定価 1,836
北海道新聞社 編
アイヌの血を受け継ぐ人たちの思いや現状を伝えようと、北海道新聞で2017年4月から18年4月まで1年間にわたり展開された連載企画「こころ揺らす」を単行本化。それぞれのアイヌに対する複雑な思いや葛藤を伝えるだけでなく、取材記者がアイヌを取り巻く現状と課題にも挑む。アイヌ民族の権利回復運動に取り組んだ宇梶静江さんの長男、宇梶剛士さん(俳優)へのインタビューも収録。
緊急出版 報道写真集 2018.9.6 北海道胆振東部地震

緊急出版 報道写真集 2018.9.6 北海道胆振東部地震

定価 1,080
北海道新聞社 編
最大震度7、それに続く全戸停電。道民が初めて経験した大災害の発生からの1週間を、「北海道新聞」の写真と紙面で紹介する報道写真集。多数の被害者を出した厚真町の土砂崩れ、札幌市清田区、東区の大規模陥没などの災害現場のほか、全道に広がったブラックアウト、断水などによる混乱の日々を収める。
北の鞄ものがたり いたがきの職人魂

北の鞄ものがたり いたがきの職人魂

定価 1,404
北室 かず子 著
北海道赤平市に拠点を置く「いたがき」は、「鞍ショルダー」に代表される鞄などの質実な革製品で全国に知られている。質感を生かす「タンニンなめし」による革を用い、伝統的な技法で作られた製品の魅力を解き明かすとともに、創業者・板垣英三の半生と、地域に活力を与える地場企業としての歩みを伝える。
みんな葛西が大好きだ! レジェンドの素顔に迫る

みんな葛西が大好きだ! レジェンドの素顔に迫る

定価 1,620
岡﨑 敏 著
スキージャンプ界のレジェンド・葛西紀明。本人だけでなく、彼を取り巻く多くの関係者たちへの取材をもとに、その人間像に迫ります。45歳を過ぎても現役にこだわり続ける原動力は何か。熱烈なファンはもちろん、昔からの友人、親戚、指導者、競技仲間、ライバルである多くの外国人選手たちからも好かれる葛西選手の魅力は、いったいどこにあるのかが、この1冊でわかります。
ある金融マンの回顧 拓銀破綻と営業譲渡

ある金融マンの回顧 拓銀破綻と営業譲渡

定価 1,404
高向 巌 著
いま語られる、拓銀譲り受けの裏側。
拓銀破綻から20年。戦後はじめての「小が大をのむ」といわれた北洋銀行への営業譲渡。譲り受け作業の実働部隊リーダーとして手腕を発揮した、当時の北洋副頭取の回顧録。無事、引き継ぎを成功させ、その後の道内経済の混乱を最小限にとどめ牽引してきた金融マンの目から見た舞台裏が、当時の日記などをもとに冷静な筆致で描かれる。
札幌人図鑑

札幌人図鑑

定価 1,500
福津京子 著
札幌に住む魅力的な有名・無名な人たちを毎日紹介するインタビュー動画サイト「札幌人図鑑」。そこに登場した中から70人をピックアップ。人生の岐路に立った際の決断、その後の生き方の変化をそれぞれに語ってくれます。どう働くのかが生き方を左右することを実感する一冊。
連続台風 記録と防災 ―道新報道2016―

品切れ

連続台風 記録と防災 ―道新報道2016―

定価 1,000
北海道新聞社 編
2016年夏、北海道に次々と上陸した4つの台風。上川南部・十
勝地方を中心に各地で大きな被害をもたらしました。氾濫した川
や、土砂崩れで寸断された交通網など被災の実態を報道写真
で検証します。災害への心構えや今回の台風の解説記事な
ど、今後の防災にも役立つ一冊。
平成の北海道大相撲 三横綱がいた時代

平成の北海道大相撲 三横綱がいた時代

定価 1,512
宗像 哲也 著
千代の富士、大乃国、北勝海の道産子三力士が横綱を張っていた昭和から平成にかけての時期。「相撲王国北海道」を支えた力士たちの名勝負、人間ドラマを貴重な写真とともに再現します。北天佑、騏乃嵐、北勝鬨、大翔鳳など個性的な力士が横綱とともに活躍した時代をベテラン相撲記者がエピソード満載で描きます。
ギリヤーク尼ヶ崎 「鬼の踊り」から「祈りの踊り」へ

ギリヤーク尼ヶ崎 「鬼の踊り」から「祈りの踊り」へ

定価 3,240
ギリヤーク尼ヶ崎 著
函館出身のギリヤーク尼ヶ崎。青空の下、路上で繰り広げる独自の舞踊は見る者を震撼させる。伝説の大道芸人と呼ばれ、国内外で高い評価を得ている、魂の叫びを現す踊りを自叙伝風に追った写真集。パリや気仙沼の公演風景やその時々の心情を語る言葉で、「ギリヤークの世界観」が伝ってきます。
戦後70年 忘れ得ぬ戦禍   北海道新聞地方版から

戦後70年 忘れ得ぬ戦禍 北海道新聞地方版から

定価 1,500
北海道新聞社 編
全道各地に散らばる戦禍の記憶を地元で丹念に掘り起こした北海道新聞の各地域版を集めた戦後70年特集。戦地での体験や北海道にいながらの戦争被害、心に深く刻まれた爪あとなどを空知、室蘭、根室、千歳等々北海道全域のそれぞれの「戦い」をまとめた一冊。
戦後70年 北海道と戦争 下

戦後70年 北海道と戦争 下

定価 1,620
北海道新聞社 編
北海道新聞の戦後70年特集を単行本化。下巻は第二次大戦の戦況悪化から敗戦、復興の兆しまでを丹念な関係者への取材をもとに時代の実相に迫ります。
私の戦後70年

私の戦後70年

定価 1,400
北海道新聞社 編
同名の新聞連載企画を単行本化。著名人59人が戦後70年の時を振り返ってのメッセージを送ります。第一回の王貞治や黒柳徹子、北海道とゆかりの深い倉本聡・横山清など各界で活躍されている方々にとっての「戦後」を語っています。
戦後70年 北海道と戦争 上

戦後70年 北海道と戦争 上

定価 1,620
北海道新聞社 編
北海道新聞の戦後70年特集の単行本化。2014年夏より1年間続く連載は、太平洋戦争時に実際に戦地に赴いた兵士や、同時代に生きた人たちの証言をもとに構成され、好評を博している。上巻は開戦直前から沖縄戦などの苦闘、軍需産業に携わる人たちの苦労など北海道の人たちが戦争と向かい合った姿を豊富な写真、図表とともに描き出している。本当に語り継がなくてはいけないものは何かを考える一冊。
夕張再生、俺が引き受けた 財政破たんの故郷で市長になった男

夕張再生、俺が引き受けた 財政破たんの故郷で市長になった男

定価 1,700
藤倉 肇 著/森 浩義 編
財政破たんした直後の夕張の第7代市長となった藤倉肇。タイヤ販売会社社長から、故郷の危機に身を投じる。「行政の素人」を標榜し、民間の常識が通じない世界に四苦八苦しながらも、歴代総務大臣5人と渡り合い、財政再建から財政再生へと道筋をつけた4年間を振り返る。街が消えるといわれた当時の生々しい様子を今だから言える裏話を含めて、自らが語る。