立ち読みコーナー

25件の商品があります。
写真で学ぶキャスティング 目指せ150メートル
  • 近日発売
  • 立ち読み

写真で学ぶキャスティング 目指せ150メートル

定価 1,650  (本体 1,500円+税)
小西勝美 著、週刊釣り新聞ほっかいどう 編
北海道のトップキャスター、小西勝美さんが自らの模範フォームの連続写真で、飛ばすコツを分かりやすく説明します。初心者が陥りやすい悪い例も徹底解説。スポーツキャスティングを目指す人はもちろん、投げ釣りで周囲より遠くへ飛ばしたい人にも役立ちます。
150メートルは夢じゃない!
拓銀 敗戦の記録 ―破綻20年後の証言
  • 立ち読み

拓銀 敗戦の記録 ―破綻20年後の証言

定価 1,760  (本体 1,600円+税)
北海道新聞社 編
日本の金融界を震撼させた拓銀破綻の過程で何が起き、以後20年間の金融行政にどんな影響を与えたのか―。長く沈黙を守ってきた拓銀最後の頭取、河谷禎昌氏をはじめとする関係者・識者たちへのインタビューに加え、3千枚に及ぶ拓銀の内部資料から、破綻に向かうまでの生々しい経過を再現します。
横路孝弘 民主リベラルの旗の下で
  • 立ち読み

横路孝弘 民主リベラルの旗の下で

定価 1,760  (本体 1,600円+税)
横路孝弘 著、北海道新聞社 編
社会党代議士だった父の急逝を受け、飛び込んだ政治の世界。「勝手連」などの支援で勝利し、革新知事に。国政復帰後はリベラル勢力の結集を目指して民主党を結成、ついに政権交代を果たす。道知事、衆議院議長を務めた著者が、半世紀に及ぶ政治家生活を振り返る。
北海道民具事典 Ⅰ 生活用具
  • 立ち読み

北海道民具事典 Ⅰ 生活用具

定価 15,400  (本体 14,000円+税)
北海道民具事典編集委員会 編
北海道にはかつて、どのような道具があったのか。歴史の流れの中で生まれ、姿を消した北海道の主要な民具を集大成した初の本格事典。先史時代から1960年代までの北海道で使用された道具を取り上げ、約1900項目の解説文と図・写真で紹介する。

※部数限定で制作したため在庫僅少。
北の企業家 撃て! そして狙え! 巨艦DIYの船出
  • 立ち読み

北の企業家 撃て! そして狙え! 巨艦DIYの船出

定価 1,650  (本体 1,500円+税)
木村 勇市 著
まず動き始める。狙いを定めるのはそのあとでいい。
札幌の個人経営の金物店を建築資材・機器卸のキムラとして成長させ、大型ホームセンター「ジョイフルエーケー」4店を展開するまでに育てた同社会長・木村勇市の経営哲学。
保阪正康 歴史を見つめて
  • 立ち読み

保阪正康 歴史を見つめて

定価 1,760  (本体 1,600円+税)
保阪 正康 著、北海道新聞社 編
昭和史研究の第一人者が語る自らの軌跡、インタビューの心構え、そして北海道150年。保阪正康氏が北海道新聞で連載した、戦争を語り継ぐための方法論、集団的自衛権の行使容認や安保法制の危険性を考察したコラムなどを一冊にまとめました。また、北海道命名から150年を機に、明治初期の北海道への移住の経緯をひもとき、「道民性」は存在するのか、を解き明かします。
ゆきねこ
  • 立ち読み

ゆきねこ

定価 1,320  (本体 1,200円+税)
写真/文 吉田 裕吏洋
北海道の厳しい環境のなかで、目立たぬようにひっそりと肩を寄せ合い、しなやかに生きている猫たちの写真集。「かべねこ」と同時発売。
とある港町、坂の町、山間の町中に、いつの間にか紛れ込んでいる猫たちの冬の日常を紹介します。寒さの中、垣間見える猫同士のふれあいや、厳しい冬を乗り越え春の足音に表情がゆるむ猫たちの姿に心和みます。
かべねこ
  • 立ち読み

かべねこ

定価 1,320  (本体 1,200円+税)
写真/文 吉田 裕吏洋
北海道の厳しい環境のなかで、目立たぬようにひっそりと肩を寄せ合い、しなやかに生きている猫たちの写真集。「ゆきねこ」と同時発売。
壁際に寄り添っている猫たちを、昭和を思わせる懐かしい背景と共に切り取ります。さまざまな壁や塀、消えゆく街の風景に溶け込む猫の姿が印象的です。
函館・道南鉄道ものがたり SLから新幹線まで
  • 立ち読み

函館・道南鉄道ものがたり SLから新幹線まで

定価 1,925  (本体 1,750円+税)
原田 伸一 著
本州との玄関口として函館・道南地方は、1世紀以上にわたり独特の鉄道文化を育んできました。津軽海峡を越える連絡船や青函トンネル、全道から集まる貨車やSL、そして2016年開業の新幹線。地域の発展と密接にかかわる鉄路の物語を、「鉄愛」溢れる筆と写真で紡ぎます。
北海道の私鉄車両
  • 立ち読み

北海道の私鉄車両

定価 3,025  (本体 2,750円+税)
澤内 一晃・星 良助 著 
明治40年の鉄道国有化以降の北海道の私鉄44社の車両履歴を明らかにした平成25年度島秀雄記念優秀著作賞の単行本化。製造、改造、異動先をまとめた車歴表や組立図、竣工図などを地元の資料・公文書にあたり丹念に調べ上げ、300点の秘蔵写真とともに収めた資料価値の高い労作。
北海道の赤い電車 さよなら711系
  • 立ち読み

北海道の赤い電車 さよなら711系

定価 1,100  (本体 1,000円+税)
チーム711 編
昭和43年北海道初の国鉄電車として導入された「赤電」711系。地元の足として、通勤、通学、通院など沿線の人々の生活に密着した運行も2015年3月に幕を閉じた。北海道での約半世紀にわたる地域に溶け込んだ“赤い電車のある風景”を様々な視点で切り取った、郷愁を誘う写真集。
いずみ 北海道 くらしの詩
  • 立ち読み

いずみ 北海道 くらしの詩

定価 1,507  (本体 1,370円+税)
北海道新聞生活部 編
女性読者の身近な出来事、心情を600字にまとめて投稿する道新生活面の「いずみ」。1955年の開始以来60年を経て今も続く人気コーナーとして読み継がれている。2010年以降に掲載した文章の中から201点を厳選して編集した作品集。初版限定で女優高橋恵子が朗読する作品2篇のDVD付き。
最新版 北海道スノーハイキング
  • 立ち読み

最新版 北海道スノーハイキング

定価 1,980  (本体 1,800円+税)
北海道の山メーリングリスト 編
冬の北海道の山野をスノーシューやスキーを使って楽しく散策。スマホのGPS活用術や低体温症の予防、対策など安全に楽しむための「技術編」と道内37コースを分かりやすく紹介した「ガイド編」の初心者にも分かりやすい入門書。
土方歳三最後の戦い 北海道199日
  • 立ち読み

土方歳三最後の戦い 北海道199日

定価 1,870  (本体 1,700円+税)
好川 之範 著
戊辰戦争の最後、津軽海峡を渡り北海道に就いた土方歳三。新選組副長として知られる男の決死の戦いぶりと戦死時の模様を、史料と取材で丹念に検証。だれが撃ったのか、北海道での半年余りの足跡をたどり、歴史の真実に迫る。
わくわく おやつ手帖
  • 立ち読み

わくわく おやつ手帖

定価 1,430  (本体 1,300円+税)
すずき もも 著
今日のおやつは何にしようかな。原材料に恵まれた北海道は美味しいおやつの宝庫。毎日のおやつ、なつかしのおやつ、とっておきのおやつなど色々な場面におすすめな品々を、すずきもものイラストとともに紹介します。