• 重版出来

おばんでございます

定価
1,430  (本体 1,300円+税)
桜木紫乃 著
判型・頁数 四六判 192頁
ISBN 978-4-86721-005-5
発売日 2020年11月7日

紫乃さんは柔らかくて、でもちょっとやさぐれてる。
だから、文章からいい匂いがするんです。――壇蜜

「ホテルローヤル」の著者、初のエッセイ集です。
「幸福は人の数だけあっていい」「さぁ肚(はら)をくくれ」「みんな、好きなものは好きと言おうよ」
名言満載のサクラギ節に、爆笑のち感涙必至。
デビュー前の幻の新聞連載コラム、直木賞受賞会見の舞台裏…。あなたの知らないサクラギがここに。
札幌の大人気劇団「シークレット歌劇団0931」主宰・愛海夏子との豪華対談を収録。
在庫あり
数量:

お客様都合での返品・交換はお受けできません。

この本のレビュー

  • 2021/02/05 投稿者:N.S おすすめレベル:★★★★

    桜木さんは勇気のある人だなあと思いました。小説を書くことって、自分と向き合うことですよね。今度は小説の方を読んでみたいです。ありがとうございました!

  • 2021/01/12 投稿者:M.K おすすめレベル:★★★★★

    桜木紫乃さんは人間的に大変魅力のあるお方だから、小説やエッセイにもそこはかとなく立ちのぼる“サクラギ節”に人は魅了されるのだろう。

  • 2020/12/06 投稿者:MK おすすめレベル:★★★★

    聖教新聞で「おばんでございます」を知り壇蜜さんの
    ちょっとやさぐれたという言葉にひかれ購入いたしました。文章は簡潔にて明解・やさぐれ?まさにそうですね。
    表紙は北国の空に見るオーロラを感じて素晴らしいインパクトがあります。ありがとう。

  • 2020/12/04 投稿者:M.I おすすめレベル:★★★★★

    北海道出身(高校まで)なので、とてもなつかしく、かつ道民独特の「そうそう!」という共感が持て、一気に読みました。年頃(オバハン予備軍)も同じなので、そこも「うんうん!」とうなづきながら読みました。

  • 2020/11/24 投稿者:M.K おすすめレベル:★★★★★

    小説家への道って壮絶なのネ、編集者ってやっぱり鬼なのネ。紫乃さんの文章には釧路の土まじりの乾いた風が吹いている。コロナの冬は室温ガンガンあげて大福とお茶、そしてサクラギ!あ~たのしかった!

  • 2020/11/16 投稿者:M.N おすすめレベル:★★★★

    桜木紫乃さんの大ファンです。本ができあがるまでの編集者とのやりとり、ものすごい苦労があることを知りました。本音トークは心打たれます。これからも文学の世界から釧路の魅力を全国へ発信し続けてください。