• 新刊

折茂武彦 弧を描く

定価
1,430  (本体 1,300円+税)
佐藤大吾(北海道新聞) 著
判型・頁数 四六判、232頁
ISBN 978-4-89453-983-9
発売日 2020年3月26日

プロバスケットボール選手、折茂武彦。審判にボールを投げつけ、準優勝メダルをその場に投げ捨てた男が、レバンガ北海道の経営者となり、激やせしながら頭を下げて回る激動の日々を追った。前人未踏、27季の現役生活に別れを告げる男の真意とは?
在庫あり
数量:

お客様都合での返品・交換はお受けできません。

この本のレビュー

  • 2020/04/01 投稿者:M.N おすすめレベル:★★★★★

    レラカムイからレバンガとファン歴12年目。読んでいるうちに昔の思い出がよみがえってきました。一番楽しかったレラカムイ時代、そして降格された悔しい時期。折茂君が引き継いだから私は今も北海道プロバスケットを応援しています。もし折茂君が引き継がなかったら、レラカムイの名に思い入れのある私は3部でもいいからと復活を願っていたでしょう。本当に読みやすくていい本だと思います。折茂君、ご苦労さまです。

  • 2020/03/31 投稿者:まゆちゃん おすすめレベル:★★★★★

    私は友達にバスケのチームが北海道にあると聞いて、一度試合を見に行ってハマってしまいました。
    折茂さんとは同じ歳。同じ歳であんなに頑張れるなんてすごい!と思いました。仕事にヘコんで落ち込んでしまった時も、折茂さんの事を思ってまた頑張れる気がしています。
    最後の試合が見られなくてザンネンです(涙)。
    折茂さん、これからもレバンガやファンのみんなを見守ってくださーい!