南の島に夢を描いて 落選町長のボランティア奮闘記

定価
1,540  (本体 1,400円+税)
川口孝太郎 著
判型・頁数 四六判、224頁
ISBN 978-4-89453-962-4
発売日 2019年11月22日

空知管内栗山町の町長だった著者は、65歳の春、3期目を目指した選挙で落選。怒りと屈辱にまみれたが「必死にボランティアをして悔しさを乗り越えたい」と南太平洋の島国バヌアツへ。ヒト・モノ・カネの不足や文化の違いに戸惑いながらも、まちづくりに汗を流し、挫折から立ち直っていく日々をつづる。
在庫あり
数量:

お客様都合での返品・交換はお受けできません。

この本のレビュー

  • ファイトに驚き

    2020/01/20 投稿者:K.M おすすめレベル:★★★★★

    南太平洋にバヌアツ共和国があることを初めて知りました。前町長の名前は知っておりましたが、川口さんのファイトに驚いています。

  • 指針となる一冊

    2020/01/06 投稿者:Y.T おすすめレベル:★★★★★

    川口孝太郎さんのバイタリティーに感銘を受けました。高齢者の方々、そしてこれから高齢者となる方々にとっての指針となる一冊です。

  • 大きな感動

    2019/12/20 投稿者:J.T おすすめレベル:★★★★

    社会貢献の新しいあり方や、高齢者の挑戦に大きな感動をうけました。

  • 為せば成る

    2019/12/02 投稿者:K.A おすすめレベル:★★★★★

    負けず嫌いと頑張りを生き甲斐としてきており、その間理解してくれる友人家族に恵まれ、彼らの支援に支えられて節目節目を乗り切れたことが、飾ることなく素朴に書かれておりました。これからも「為せば成る」の信念を持ち続ける彼に期待を込めて拍手を送りたい。また第一の人生が終わり、とかく達成感に浸り無気力になりがちな老人の終活指針設計の大きな参考となる作品と思います。