なるほどそうだね 札幌のカラス2

定価
1,512
中村 眞樹子 著
判型・頁数 B6判、216頁
ISBN 978-4-89453-926-6
発売日 2018年10月24日

「ベランダの鉢植えにから揚げが」「切符を買うカラス?」「ビルのはしごに頭が挟まっている!」など、カラスたちのユニークな日常を文と写真、イラストで紹介。観察歴約20年の著者ならではのディープな話題が満載です。産卵から巣立ちまでを追った「街なかブトの子育て観察記録」はカラー特集で。
在庫あり
数量:

お客様都合での返品・交換はお受けできません。

この本のレビュー

  • かわいい

    2019/02/04 投稿者:H おすすめレベル:★★★★★

    カラスのせいたいがわかりかわいくなりました。本当に頭がいいですね。

  • 札幌のカラス2

    2019/01/29 投稿者:かじ丸 おすすめレベル:★★★★★

    1に続いて、非常に面白いです。
    熊本のカラスも観察すると面白いです。
    繁華街のゴミ袋から、白いヒラヒラした物をせっせと
    ベランダに運ぶカラスを見たことがあります。
    飲食店らしく、普段は使われていないのでしょう。
    アルバイト君が掃除をする時、びっくりするだろうな~と
    思いました。おしぼりなのか、肉や魚のトレーに敷いてあるドリップを吸うシートなのか、確認出来ませんでしたが。
    カラスがゴミに生えたカビで死ぬ事も驚きでした。
    このパン、カビが生えたからカラスにあげちゃえなんて
    思っちゃダメなんですね。
    3も出してください。

  • イラストも可愛い。カラス愛あふれる一冊。

    2019/01/25 投稿者:Y おすすめレベル:★★★★★

    前作を図書館で読み、この本は買おう!と思い書店に行ったところ②が出ている!と喜んで購入いたしました。イラストも可愛いですし、愛のあふれるいい本だと思います。

    ②は前作よりもカラスという生きものにかかわる生の痛々しいエピソードが多く、胸が痛みます。保護や研究にかかわる人たちに頭の下がる思いです。

    表紙デザインもシンプルで目を引く。素敵!

  • さらにカラスが好きに!

    2019/01/11 投稿者:K おすすめレベル:★★★★

    1巻、2巻とも非常に興味深くわくわくしながら読みました。家の庭に来て愛犬とじゃれているカラスに興味を持ち、この本を読んでさらにカラスが好きになりました。

  • 利口なカラス

    2018/12/25 投稿者:K おすすめレベル:★★★★★

    チンパンジーより知能指数が高いと言われているカラスは、一度の餌付けでその人の顔を覚えてしまいます。とても利口です。散歩に連れて行く犬の餌を喜んで食べます。ペットより余程可愛いです。

  • 1巻も2巻も買いました

    2018/12/12 投稿者:S おすすめレベル:★★★★★

    1巻か2巻、どちらを買うか悩んで両方買いました。

  • カラス愛あふれる一冊

    2018/11/21 投稿者:Y おすすめレベル:★★★★★

    カラス愛が伝わってくる素晴らしい本でした。カラス嫌いの人にも読んでもらいたいです。こんなに賢い生物はまずいない。イラストも可愛い。第3弾も期待しています。