定山渓鉄道

定価
3,024
久保 ヒデキ 著
判型・頁数 B5判、328頁
ISBN 978-4-89453-887-0
発売日 2018年1月19日

定山渓鉄道開通100周年記念出版
大正・昭和期に定山渓と札幌市中心部を結び、昭和44年に廃止になった定山渓鉄道を徹底紹介。昭和30~40年代の懐かしい沿線風景、駅舎や車両、失われつつある廃線跡など貴重な写真を1200枚以上収録。当時の町並み、人々の暮らしの様子など、懐かしい札幌がよみがえります。駅舎や車両の竣工図など、鉄道ファン必見の図版も多数掲載した保存版。
在庫あり
数量:

お客様都合での返品・交換はお受けできません。

この本のレビュー

  • 面白かった

    2019/02/01 投稿者:T おすすめレベル:★★★★

    久保ヒデキさんと同じ1960年生まれです。6歳の時に豊平から澄川まで乗車経験があり、あの鉄道はいつなくなったのか分からないまま現在に至りました。この本を読んでやっとのどのつかえが落ちたように感じました。鉄道ファンではありませんが、全体的に面白かったです。

  • 高く評価したい

    2018/12/21 投稿者:K おすすめレベル:★★★★★

    「定鉄」の歴史を、数多くの貴重な資料と写真でまとめた良書である。現役時代のみならず廃止後の状況もキロポストまで追跡している点は非常に高く評価したい。

  • 参考になりました。

    2018/12/03 投稿者:S おすすめレベル:★★★★

    資料的価値も高いのであろうが、写真だけでも参考になった。定山渓鉄道を知ってはいたが乗ることはなかった。学生を終えて北海道に戻った46年には廃止になっていたので残念に思う。