新刊・近日発売

NEW
定価 1,430円  (本体 1,300円+税)
北海道新聞社 編
この商品には電子版があります
2021年の北海道新聞文学賞などの受賞作をまとめた1冊。創作・評論部門の佳作小説「白鹿」(原雪絵さん)、詩部門の佳作「亡骸のクロニクル」(二条千河さん)と「芭露の森」(本田初美さん)、短歌賞の受賞歌集「崖にて」(北山あさひさん)、佳作作品集「父の言伝」(高取剛さん)、俳句賞の佳作句集「露浄土」(生出紅南さん)「佳作作品集「黙契」(齊藤まさしさん)を収録。選評や受賞者のインタビューも掲載。
NEW
定価 1,100円  (本体 1,000円+税)
北海道新聞野生生物基金 編
19世紀末から20世紀初めの頃には絶滅したかに思われたタンチョウ。特集では、その保護から道央圏へ広がり個体数を増やした今を解説する。
NEW
定価 1,320円  (本体 1,200円+税)
北海道新聞社 編
北海道日本ハムファイターズの2021年シーズンを臨場感あふれるカラー写真と詳細な記事で振り返える公式写真集。10年間ありがとう!栗山英樹監督の軌跡、斎藤佑樹選手の引退特集、東京五輪で悲願の金メダルを獲得した伊藤大海選手、近藤健介選手の激闘、12勝を挙げたエース・上沢直之選手の活躍、“ビッグボス”こと新庄剛志監督の話題など、もりだくさんの内容です。
近日発売
定価 1,540円  (本体 1,400円+税)
「お隣は外国人」編集委員会 編
大学教員や弁護士、労働組合、大学生など外国人労働者に関わる18人の筆者が、第1次産業や建設、介護などの現場で欠かせない人材になっている彼らの素顔と課題をつづる。近年の道内の受け入れ状況や、技能実習制度のあらましなどの資料編も収載。「知らない」「よく分からない」から「顔の見える関係」を築くための第一歩。