新刊

NEW
定価 1,650円  (本体 1,500円+税)
前田寿嗣 著
実際に訪れて、身近な地形と地質を気軽に学べる人気のシリーズ3冊目! 美しい大自然や景勝地、湖、湿原、産炭地、盆地のなりたちを探ります。登山愛好家の聖地・大雪山や十勝連峰、人気の美瑛・ふらのの景観、層雲峡・天人峡の滝や絶壁、夕張・三笠の炭鉱や化石、幻想的な雨龍沼湿原のなりたちなどを、いつもと違った目線で楽しめます。
実際に自分の目で見て確かめられる22ルートを掲載。豆知識やおすすめスポットも。
NEW
定価 1,430円  (本体 1,300円+税)
佐藤大吾(北海道新聞) 著
プロバスケットボール選手、折茂武彦。審判にボールを投げつけ、準優勝メダルをその場に投げ捨てた男が、レバンガ北海道の経営者となり、激やせしながら頭を下げて回る激動の日々を追った。前人未踏、27季の現役生活に別れを告げる男の真意とは?
NEW
定価 1,430円  (本体 1,300円+税)
北海道新聞社営業局 編
北海道ならではの「家づくり」にこだわった、新築とリフォームどちらも学べる「家づくりの教科書」。住宅に関するトレンドを紹介するとともに、ハウスメーカーや土地選び、資金計画の注意点などをわかりやすく解説。
NEW
定価 1,100円  (本体 1,000円+税)
北海道日本ハムファイターズ 編
北海道日本ハムファイターズの公式ガイド。選手の紹介はもちろん、栗山監督と、野球小説もある作家・堂場瞬一さんの対談、小笠原コーチ、西川選手それぞれのインタビューのほか、清宮選手とラグビー日本代表の稲垣啓太選手の対談など読み応えのある内容です。有原投手、加藤投手、玉井投手が突然出されたお題について語るカードトークや、杉谷選手のお気に入り北海道グルメなど楽しい読み物もいっぱい。
NEW
定価 2,530円  (本体 2,300円+税)
朝倉政雄 著
日本全国、平成を駆け抜けたJRの列車が大集合!もう二度と見ることができないシーンも満載の保存版です。著者が撮り続けた膨大な数の写真から、500点あまりを厳選。新幹線、寝台特急列車、特急列車、普通列車、貨物列車など、現役列車から廃止列車まで形式ごとに紹介。鮮やかな色彩のなかを走るローカル列車、懐かしい廃線など四季折々の鉄道風景が生き生きと描き出されています。
NEW
定価 2,530円  (本体 2,300円+税)
北海道大学総合博物館 編
北大総合博物館の収蔵標本と研究のあらましを伝えるビジュアルブック。300万点に上る収蔵標本のうち特に重要なものを、植物、昆虫、古生物など10の分野別に各10点、合計100点取り上げ、精細な写真と解説で紹介する。宮部金吾(植物)、松村松年(昆虫)など歴代研究者の横顔、標本作成や保存に欠かせない道具、建物の見どころや学生・ボランティアの活動なども収める。関連年表付き。
NEW
定価 1,100円  (本体 1,000円+税)
北海道新聞社 編
使って楽しい!読んで楽しい!北海道日本ハムファイターズ2020年シーズンの公式手帳。ファイターズの公式戦日程、1年すべての日の記念日・出来事、全選手の詳しいプロフィール、歴代個人・チーム記録、数十種類のプロ野球記録などファイターズ情報がもりだくさん。ファン必携。
NEW
定価 1,320円  (本体 1,200円+税)
NPO法人ランナーズサポート北海道 編
北海道内で開かれるランニング、ウォーキング、駅伝、トレイルラン、トライアスロンなど178大会を紹介。歴史ある大会からマラニック(マラソン+ピクニック)まで、ランニング未経験者でも楽しめる大会情報が満載です。
NEW
定価 16,500円  (本体 15,000円+税)
北海道民具事典編集委員会 編
歴史の流れの中で生まれ、姿を消した北海道の主要な民具を集大成した初の本格事典。先史時代から1960年代まで、北海道で使用された道具を取り上げ、約1900項目の解説文と図・写真で紹介する。生活用具をまとめた第Ⅰ巻に続き、第Ⅱ巻は農業・漁業・林業・鉱業(石炭)など北海道の主要産業で考案、改良された道具・機械を収載。
NEW
定価 1,650円  (本体 1,500円+税)
北海学園大学経営学部佐藤大輔ゼミ×北海道新聞社 編著
就活に!ビジネスに!
北海道で働きたい人、北海道で仕事する人のための、業界まるわかり地図。道内47業種約2000社の企業規模や資本関係を詳細な図で解説。学生目線の経営者インタビューやIT企業で働く女性社員の座談会も収録。
NEW
定価 1,430円  (本体 1,300円+税)
北海道新聞社 編、コンサドーレ 監修
全選手、全コーチングスタッフを撮り下ろし写真付きで紹介した、コンサドーレのすべてがわかるオフィシャル・ガイドブック。ペトロヴィッチ監督、野々村社長が2020年のシーズンにかける熱い思いを語るほか、進藤亮佑選手、ク・ソンユン選手のインタビュー、白井康介選手と荒野拓馬選手の対談など、読みどころが満載。サポーター必携の1冊。