エッセイ

42件の商品があります。
信じ合う 支え合う  三浦綾子・光世エッセイ集

信じ合う 支え合う  三浦綾子・光世エッセイ集

定価 1,728
三浦綾子・三浦光世 著
三浦綾子が1990年から95年にかけて、北海道新聞夕刊に月1回のペースで連載したエッセイ57編に、夫・光世の13編を加えて再構成した「夫婦エッセイ集」。口述筆記で綾子の創作活動を長年支え、晩年は難病に侵された綾子を介護し続けた光世。その夫への尊敬と感謝を忘れなかった綾子。二人のエッセイから、互いにいつくしみ、信じ、支え合った夫婦の姿が浮かび上がります。
礼文短歌 蕊(しべ)

礼文短歌 蕊(しべ)

定価 1,620
杣田 美野里 著
「ふれがたき二十歳の娘の恋に似てレブンコザクラ春土のうえ」。
礼文島に家族で移り住んで25年、植物写真家として活動する著者が、かれんな花々の姿に心情を重ね合わせた写真短歌集。自然と人の営みへ向けるふくよかなまなざしが、新たな世界を切り開く。
小世里のキラリ!見つけ旅

小世里のキラリ!見つけ旅

定価 1,700
佐々木小世里 著
北海道新聞紙上でおなじみのイラストレーター佐々木小世里が絵と文による良い物と人を発見し、人生の面白さを探す旅をご提案。旅の中のちょっとした機微から、楽しみが広がる素敵な旅を、個性的なイラストを一杯使って、視覚にも伝わるように描いてた“絵ッセイ集”。
札幌人図鑑

札幌人図鑑

定価 1,500
福津京子 著
札幌に住む魅力的な有名・無名な人たちを毎日紹介するインタビュー動画サイト「札幌人図鑑」。そこに登場した中から70人をピックアップ。人生の岐路に立った際の決断、その後の生き方の変化をそれぞれに語ってくれます。どう働くのかが生き方を左右することを実感する一冊。
私の戦後70年

私の戦後70年

定価 1,400
北海道新聞社 編
同名の新聞連載企画を単行本化。著名人59人が戦後70年の時を振り返ってのメッセージを送ります。第一回の王貞治や黒柳徹子、北海道とゆかりの深い倉本聡・横山清など各界で活躍されている方々にとっての「戦後」を語っています。
夕張再生、俺が引き受けた 財政破たんの故郷で市長になった男

夕張再生、俺が引き受けた 財政破たんの故郷で市長になった男

定価 1,700
藤倉 肇 著/森 浩義 編
財政破たんした直後の夕張の第7代市長となった藤倉肇。タイヤ販売会社社長から、故郷の危機に身を投じる。「行政の素人」を標榜し、民間の常識が通じない世界に四苦八苦しながらも、歴代総務大臣5人と渡り合い、財政再建から財政再生へと道筋をつけた4年間を振り返る。街が消えるといわれた当時の生々しい様子を今だから言える裏話を含めて、自らが語る。
北のドラマづくり半世紀

北のドラマづくり半世紀

定価 1,620
長沼 修 著
北海道放送(HBC)で半世紀にわたりテレビの世界に関わった体験とその舞台裏をつづったエッセー集。「東芝日曜劇場」の"ホンカン"シリーズなどで、演出・プロデュースと100本以上のドラマ制作を手掛け、また社長・会長として経営に携わった中で出会った多くのテレビ関係者との知られざるエピソードや交流を振り返ります。
いずみ 北海道 くらしの詩
  • 立ち読み

いずみ 北海道 くらしの詩

定価 1,480
北海道新聞生活部 編
女性読者の身近な出来事、心情を600字にまとめて投稿する道新生活面の「いずみ」。1955年の開始以来60年を経て今も続く人気コーナーとして読み継がれている。2010年以降に掲載した文章の中から201点を厳選して編集した作品集。初版限定で女優高橋恵子が朗読する作品2篇のDVD付き。
藤岡みなみの穴場ハンターが行く! in北海道

藤岡みなみの穴場ハンターが行く! in北海道

定価 1,500
藤岡 みなみ 著
NHK北海道で放送している「穴場ハンター」で取材した61カ所を、番組に出演している藤岡みなみが書き下ろし。心に残った場所や人々との出会いをエッセー風に取り上げる。有名スポットの隠れたエピソードや独自の嗅覚でたどり着いた場所、穴場探しの心得も紹介。
3.11に生まれた君へ

3.11に生まれた君へ

定価 1,728
「君の椅子」プロジェクト編
東日本大震災当日、被災地に誕生した尊い命。未曾有の事態のなか、多くの人たちの温かい助けを受けた31の家族の手記。体験した者のみが記すことができる生々しい震災時の描写、生まれたわが子への愛情、感謝の気持ちが溢れています。福島民報、河北新報、岩手日報、道新の合同出版。
100歳まで弾くからね!

100歳まで弾くからね!

定価 1,944
大平 まゆみ 著
札響コンサートマスターを務めるバイオリニスト大平まゆみが、自分の生い立ちや、子育て、音楽修業、普段の練習などを通じて感じた様々な出来事や思いを、初めて本にまとめた。年間250回以上舞台に立つ元気の秘密、能力を最大限に引き出すための「気」や「時間」の使い方を明かし、元気の秘密が詰まっている一冊。
田中澄江が歩いた北海道の山

田中澄江が歩いた北海道の山

定価 1,512
滝本 幸夫 著
脚本家、『花の百名山』の著者の田中澄江は、北海道の山々を愛し数々の山に足を運んでいます。その多くに同行し案内役を務めた山男の、エピソードを交えた回想録。田中の往時の文章を交えながら、高齢まで精力的に行動した姿を描いています。
北海道のお天気ごよみ 365日

北海道のお天気ごよみ 365日

定価 1,512
菅井 貴子 著
手元においておきたくなる、どさんこ必携の”お天気手帖”。北海道のお天気を中心に、それぞれの季節の特徴をとらえ、歳時記として日々の話題を1月1日から12月31日まで毎日1本、全366本を掲載。また、巻末に保存版として、四季の前線マップやお天気ランキング、生物季節カレンダー、130市町村の最新お天気データも盛り込みました。北海道の四季の移り変わりをお天気から感じられる1冊です。
タマゴマンのもと

タマゴマンのもと

定価 1,620
坂本 勤 著
こんな先生がいた!伝説の学級通信が装い新たによみがえる。13年前に著者が自費で制作し、長く入手不能になっていたオリジナル版「タマゴマンは中学生」の名場面を当時のイラストを使って再現。特別付録として、小学3年生のわが娘とかわしたユニークな言葉遊びノート、国語の授業のプリント「読書通信」を初収録したほか、2011年版タマゴマンの書き下ろしも収めた愛蔵版。
若年性乳がんになっちゃった!ペコの闘病日記
  • 絶版

若年性乳がんになっちゃった!ペコの闘病日記

定価 1,620
藤谷 ペコ 著
若年性乳がんと闘う札幌在住の女性が書く、同名の人気ブログを単行本化。告知から、抗がん剤治療、乳房全摘手術、再発転移という厳しい闘病をユーモアをまじえて描き、生きることの大切さを訴えるブログに、書き下ろしを加えて構成。乳がんと真正面から向き合う彼女の姿に、心を打たれます。